JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!
【悲報】日テレ「セク…

【悲報】日テレ「セクシー田中さん」報告書で見え改変・修正無視「原作者への浅ましい嫉妬やマウント」が根源にあった

日テレ「セクシー田中さん」報告書で見え改変・修正無視「原作者への浅ましい嫉妬やマウント」が根源にあった

更新日:

日テレ「セクシー田中さん」報告書で見え改変・修正無視「原作者への浅ましい嫉妬やマウント」が根源にあった

「『報告書』に対して“報・連・相がなってない”とか“契約がおかしい”などと言われています。本当にそのとおりなのですが、根本的な原因は、“人”の問題、嫉妬やマウント。そういった人間の浅ましいところにあるかと」

 そう話すのは、フリーで活動するベテラン脚本家兼漫画原作者。“報告書”とは、日本テレビ、そして小学館がこのたび公表したもの。小学館より原作漫画が出版され、それを日本テレビがドラマ化した『セクシー田中さん』についてだ。

出典:『セクシー田中さん』報告書で見えた“改変・修正無視” 根源は「浅ましい嫉妬やマウント」現場が明かす“エゴ” | 週刊女性PRIME

一方、日テレ側の対応は、

「できないことへの言い訳、もしくはエゴにしか読めなかった。実写化のために“無理”というなら、それをすべて具体的に説明できるのか。《飼っていたハムスターの逃走範囲に関するセリフについて、原作漫画の100M以内との吹き出しの記載を200M以内に変更》と変える意図をきちんと説明できるのか」

 それなのになぜ変える?

「今回の件に限りませんが、原作を変えることでマウントを取りたい、オリジナルを作った原作者への嫉妬、変えることで自我を出すエゴ……脚本家や担当プロデューサーなどによる改変の根源はこのようなところにあることが多いと思います」

出典:『セクシー田中さん』報告書で見えた“改変・修正無視” 根源は「浅ましい嫉妬やマウント」現場が明かす“エゴ” | 週刊女性PRIME

みんなの声

1