JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!
旭川市いじめ自殺 Y…

旭川市いじめ自殺 Y中学校が「ありもしないことを書かれた」と保護者にプリント配布

保護者宛の配布プリントに『地元情報誌に本校に関わる記事が掲載されました。ありもしないことを書かれたうえ、謂れのない誹謗中傷をされ驚きと悔しさを禁じ得ません』と記載していた

更新日:

文春が発表した内容はウソだとするプリントを配布していた

 能登谷市議によれば、2019年6月に、爽彩さんがウッペツ川に飛び込んだ事件を起こしたことは地元紙の「メディアあさひかわ」(2019年10月号)でも報じられた。しかし当時、Y中学は保護者宛にプリントを配布し、メディアあさひかわの記事は「ありもしないこと」だと、否定したのだという。能登谷市議はこう質問した。

「当時ですね、中学校からこの雑誌の記事は事実ではない旨のプリントが配布されました。これも保護者から聞かせていただきました。そのプリントはですね、学校長が発出していますが、『地元情報誌に本校に関わる記事が掲載されました。ありもしないことを書かれたうえ、謂れのない誹謗中傷をされ驚きと悔しさを禁じ得ません』と、公文書とは思えない、学校長の心情まで書かれています。市教委はこの内容を把握していましたか?」(能登谷市議)

出典:(4ページ目)「謂れのない誹謗中傷に、驚きと悔しさを禁じ得ません」Y中学校校長がイジメ否定の文書を全保護者に配っていた | 文春オンライン

「当時、学校長とPTA会長との連名により保護者の方に宛てられた文書の内容については把握をしておりませんが、その文書の趣旨等については聞いているところでございます。その文書の趣旨といたしましては、当時月刊誌で学校名も含めまして掲載されたことにより当該生徒と当時在籍していた子供たちの登下校の安全ですとか子供たちの不安や悩み、そういったことの解消のため学校としての取り組みについて保護者に説明するために書いた文書であるという趣旨については伺っているところでございます」(市教委の教育指導課長)

出典:(5ページ目)「謂れのない誹謗中傷に、驚きと悔しさを禁じ得ません」Y中学校校長がイジメ否定の文書を全保護者に配っていた | 文春オンライン

「全く解せませんね。教育委員会は目を閉じて耳をふさいで知らないふりしてこれをやり過ごそうとしていたとしか思えませんよ、はっきり言って。2019年4月から母親が『イジメられている、調べてください』と訴えている。せめてこの6月の川に飛び込んだ時点でイジメとして対処していれば、命まで失うことはなかったんではないですか。はっきり言って初動ミス。学校任せにせず最初にしっかりとした調査を教育委員会として責任を持ってやっていれば子供の大事な命まで失うことはなかったのではないか」(能登谷市議)

出典:(5ページ目)「謂れのない誹謗中傷に、驚きと悔しさを禁じ得ません」Y中学校校長がイジメ否定の文書を全保護者に配っていた | 文春オンライン

遺族は事実を知らずショックを受ける

「転校した後に学校がそのような書面を配布していたことは知りませんでした。(学校側は)どうして嘘をつき続けるのだろうかと思います。保護者会でも同じでしたが、言えることと言えないことはあると思いますが、イジメのことに関わることはすべて『第三者委員会の調査のため』という言葉で答えないというのは少し違うのではないかと感じています」

出典:(5ページ目)「謂れのない誹謗中傷に、驚きと悔しさを禁じ得ません」Y中学校校長がイジメ否定の文書を全保護者に配っていた | 文春オンライン

関連ニュース

旭川市は今までのイジメもこうやって隠蔽してきたんだね
何人もの中高生が亡くなってる
全部調べろ!

#旭川市教育委員会
#旭川いじめ
#旭川14歳少女イジメ凍死事件
#旭川女子中学生自殺を風化させない

2021.05.20 09:22:08

旭川市教育委教の視野の狭さといい、保身のみ考える自己中さといい、仕事せずに、ダメダメじゃん。旭川市教育関係には深い闇がありそう。
「謂れのない誹謗中傷に、驚きと悔しさを禁じ得ません」Y中学校校長がイジメ否定の文書を全保護者に配っていた #SmartNews t.co/pLM1kp0tDr

2021.05.20 07:53:11

「謂れのない誹謗中傷に、驚きと悔しさを禁じ得ません」Y中学校校長がイジメ否定の文書を全保護者に配っていた #SmartNews

#北海道 #旭川市

なんでいまだに学校内に監視カメラついてないの?
廊下だけでも音声残るからいいんだよ。カメラ記録あれば全部証拠残るのに t.co/7fsY0e9rqD

2021.05.20 07:06:17

1