JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!

【炎上】今度は中島哲也監督に性加害の過去 女優に対しバスト出すよう強制

映画「渇き。」でヌードNGの前提だったのに撮影日にレイプシーンでバストトップ露出を強要→撮影を止めたら300万円/日の損害だとPより脅迫→中島哲也監督が編集で不都合なシーンのカットを約束→約束を反故にして映画公開→女優は自殺未遂&芸能界引退

酷すぎる。#MeTooJapan
https://t.co/jlcJx8cvwU

2022.05.19 07:04:37

>(中島哲也)監督のご意志を反映させるのが難しくて、毎日毎日『殺してやる』とか『おろしてやる』とか『何度やっても同じじゃねえか』とか『女優やめろ』とか言われ続けて、それに屈せず演じ続けることはとても大変でした。でも、ある意味感謝しております」 https://t.co/EWaDkbwbIk

2022.05.19 08:21:36

>事件が起きた背景、加害者が生まれた背景について理解し、二度と同じ過ちを繰り返さないこと、新たな加害者、被害者を生み出さないことが重要である、

怒りで手が震えてる。ギャガ @gagamovie は今すぐ性加害の上に作られた「渇き。」の配信を停止しろ。#中島哲也
<👇全文>
https://t.co/xHo3Adb1xy https://t.co/wYxbxomcK7

2022.05.19 14:37:21

 中島哲也監督(62)。07年、中谷美紀主演の「嫌われ松子の一生」で第30回日本アカデミー賞優秀脚本賞と優秀監督賞、文化庁芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。11年には、「告白」で日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞など四冠に輝いた巨匠だ。

 14年6月に公開された作品が「渇き。」だった。同作は米国のオースティンファンタスティック映画祭で最優秀脚本賞を受賞し、トロント国際映画祭やBFIロンドン映画祭にも出品された。だがその陰で女優が自殺未遂に追い込まれていたことは知られていない。

出典:出演女優が告白「巨匠監督作品の性被害」「私はバストトップ公開で自殺未遂に追い込まれた」 | 週刊文春 電子版

18日の『週刊文春』によると、その後の関係者100名近くが見る試写でバストトップが露出したシーンを晒された派谷さんは、大きなショックを受け自殺未遂を図った。

出典:派谷恵美「私は中島哲也監督に勝手にバストトップを公開され自殺未遂に追い込まれた」 - エンタメ

映画『渇き。』概要

あらすじ・解説
品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親の藤島昭和(役所広司)。自身の性格や言動で家族をバラバラにした彼は、そうした過去には目もくれずに自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になって娘の足取りを調べていく。交友関係や行動を丹念にたどるに従って浮き上がる、加奈子の知られざる素顔に驚きを覚える藤島。やがて、ある手掛かりをつかむが、それと同時に思わぬ事件に直面することになる。

出典:渇き。 の映画情報 - Yahoo!映画

映画『渇き。』予告編

出典元:YouTube

映画『渇き。』テレビ放映NGの幻のスポット映像

出典元:YouTube

#乾き。 R15で良かったのかな?と思ったほど暴力暴力暴力なのだけど、勢いに任せているだけでそんなにひどくないのかな。ワタシの好きな派谷恵美もちらっと出ているよ。ボロボロにされちゃうけど('-'*) https://t.co/pAVw25nJpa https://t.co/xrv9Taa3St

2021.04.01 11:25:32

派谷恵美さん画像

色々山積み整理中
小日向文世出演「非・バランス」(監督:冨樫森 脚本:風間志織)関連
2001.5.14スポーツニッポン
派谷恵美羽ばたきます‼
…当時小日向ヲタではなかったのでスクラップしてた20年前のワテクシGJ👍 https://t.co/7sBYGWmflF

2022.03.11 20:03:43

反応まとめ

あーあーあーあーあーあーあーおしまいだよ映画界あーあーあーあーあーあーあーあーあーーあーーーー中島監督は割とガチ目に好きな作品撮ってた人だよあーーーーーあーあーあーあーあーあーあーーーおしまいおしまいおしまいでーーーーーす

2022.05.18 15:09:50

やられたことも、その後の対応も、非道すぎる。

"中島監督に質問状を送付すると、事務所が「中島監督の指示通り、御社からのメールは未読のまま破棄いたしました」とした"

人を何だと思ってるの?
問題ないと思ってるなら、ちゃんと取材に答えてくださいよ。
#週刊文春 https://t.co/4cgsiC4B59

2022.05.18 14:14:27

どんなに意識的な発言をしている映画評論家でも、中島哲也をほめてたり、荒井晴彦とつるんでたりすると「信用できねえ~」ってなる。

2022.05.18 15:35:58

どんどん出てくるね、次は中島哲也。契約にない(同意していない)シーンを無理やり撮影するのは違法なんじゃないの?同調圧力とその場の雰囲気と人気の監督であれば逃げ場がないってこと?映画の前に、人権についての勉強会が必要なのでは。

2022.05.18 15:20:06

『渇き。』の中島哲也監督か
この映画観たから、余計に辛い。
そしてもう二度と観ることはないと思う。
Aさん、ごめんなさい。

シーンの性質上と外形から判断すると本人の意識はわからないけど役所広司も実行犯として映画撮影での性的暴行に加担してることになるよね。 https://t.co/j5m7Vg3mas

2022.05.18 15:16:22

おいおい中島哲也もかいな…

2022.05.18 15:07:29

園さんの話題のとき職場の先輩と「次は中島哲也あたりすかねぇ」って話していたらドンピシャで笑った

2022.05.18 15:06:09

今度は中島哲也かよ……。

2022.05.18 15:05:59

1

コメントを投稿する

名前
本文(必須)

※コメントの番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)
※削除依頼はお問い合わせからメールでお願いいたします