JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!

【動画】横断歩道を渡っていた自転車に80代男性の運転する車が激突「ノーブレーキで跳ね飛ばしていくとは」目撃者も驚き 大阪市

数台の自転車が、車の目の前にある横断歩道を渡っている。もう1台の自転車が渡り始めた次の瞬間、左折してきた黒い車がスピードを緩めることなく激突。自転車に乗っていた女性は車道に倒れ込んでしまった。

「普通に信号を渡っている人をノーブレーキで、停まるそぶりなく跳ね飛ばしていくとはまさか思わない」(目撃者)

 警察によると、女性は軽傷とみられている。

 事故の原因について、道路交通法に詳しい高山俊吉弁護士は「白い車が左折した時にはまだ横断歩道上に人や自転車が現れていなくて、左折行動ができる状態だったと思う。しかし、(黒い車は)これについていけると思った。“左にハンドルを切って入っても大丈夫だ”という誤解を持った可能性がある」と推察した。

 車を運転していたのは80代の男性。警察は男性から話を聞くなどして、詳しい原因を調べている。(『ABEMAヒルズ』より)

出典:80代男性の運転する車が“自転車に激突”…痛ましい事故の瞬間に目撃者「ノーブレーキで跳ね飛ばしていくとは」(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース

「まさか」交差点で車が自転車に激突…80代男性運転(2022年11月25日)

出典元:YouTube

みんなの声

@tv_asahi_news でも、自転車横断歩道、乗車して、渡ってますよね…

2022.11.25 19:55:11

@tv_asahi_news 一時停止のある道路も同じ事が言えるよね。
前の車が止まったから、と2台目、3台目の止まらずに行く車。
見ていて、思わず、えーーー!!と声出るもんね。
ちゃんと自分も止まって確認しなきゃ。

2022.11.25 19:37:32

@tv_asahi_news このケースには当てはまらないけど、高スピードできた自転車が急に横断歩道でまがり轢きそうなり急ブレーキした経験がある。我ながら凄い反射神経だと思ったが・・・自転車は全部車道を走り、車と同じルールにした方が自転車も事故減ると思う。速すぎて、びっくりする。

2022.11.25 19:15:35

@tv_asahi_news 色んな事情があっても80代の車の運転を禁止にしてほしい。個人的な提案です。自分は事故を起こす可能性が無くはないので、免許取得していません。今後もとりません。

2022.11.25 18:29:07

@tv_asahi_news 一姫二トラ三ダンプが今や
一ジジになった。

2022.11.25 17:34:41

@tv_asahi_news なにがまさかなのか
プロか。

2022.11.25 17:32:14

@tv_asahi_news おぉ怖い怖い。
高齢者が運転する車は走る凶器だ。

2022.11.25 17:14:35

@tv_asahi_news あのー、専門家の解説がなくても、原因は映像を見れば一目で分かります。

分からないのはルールを守れない80代の爺さんが車を運転することを許している社会です。

2022.11.25 17:09:39

@tv_asahi_news 2台同時に左折できるって道は都心部が多く基本歩行者と別々になってるパターンが多いけどここは…

2022.11.25 16:22:34

@tv_asahi_news これは前の車がスピード違反で捕まらず後ろの自分だけ捕まるシステム

2022.11.25 16:22:27

@tv_asahi_news @stocktrain2 前のクルマについて行けばいいみたいな運転している輩は多い。
自分の目で判断して進むなり停止するなりができないのなら年齢に関わらず免許返納すべき。
迷惑ですよ。

2022.11.25 15:05:14

@tv_asahi_news 我が道を行く高齢ドライバー

2022.11.25 14:45:19

@tv_asahi_news このくらいの状況判断ができない高齢者ドライバーは免許証を強制的に返納させるべきです。

2022.11.25 13:21:20

@tv_asahi_news @I_hate_camp やはりヘルメットは必須だと思う。

2022.11.25 12:06:48

@tv_asahi_news ということは
白い乗用車の運転手にも非があるのかもしれない

2022.11.25 11:37:10

「まさか」交差点で車が自転車に激突…80代男性運転

2022.11.25 11:15:21

1

コメントを投稿する

名前
本文(必須)

※コメントの番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)
※削除依頼はお問い合わせからメールでお願いいたします