JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!

イラストレーターさん トレス指摘してきたツイッターアカウントに対して発信者情報開示請求し認められる

裁判所サイトに掲載されている知的財産判例を見ると、特に最近、発信者情報開示請求の訴訟が多く見られます(先日の記事で紹介したものもそうでした)。地裁判決の場合、すべての判決が裁判所サイトに掲載されるわけではないのですが、匿名ユーザーによる迷惑行為に対抗するために、プロバイダー責任制限法(プロ責)に基づき発信者情報の開示を請求するケースが増えていることが窺えます。

出典:イラストのトレース疑惑を指摘した匿名ツイッターユーザーの個人情報開示を命じる判決(栗原潔) - 個人 - Yahoo!ニュース

イラストレーターさん…

判決文はこちら

みんなの声

結局これに尽きる

「実名であれば言わないようことは匿名でも言わない」という大原則を守りましょうということです(正当な内部告発等はまた別ですが)

イラストのトレース疑惑を指摘した匿名ツイッターユーザーの個人情報開示を命じる判決(栗原潔)
#Yahooニュース
https://t.co/0a9sfchw52

2022.01.15 16:19:30

イラストのトレース疑惑を指摘した匿名ツイッターユーザーの個人情報開示を命じる判決(栗原潔)
#Yahooニュース
https://t.co/ittMSZo5Ni
米Twitter社もアホ?
被告にされたから弱腰に出たの?

2022.01.15 16:11:47

イラストのトレース疑惑を指摘した匿名ツイッターユーザーの個人情報開示を命じる判決(栗原潔)
#Yahooニュース

(´・ω・`)トレパク警察を開示請求しまくれ

https://t.co/CSzWoWPyNi

2022.01.15 12:06:25

1

コメントを投稿する

名前
本文(必須)

※コメントの番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)
※削除依頼はお問い合わせからメールでお願いいたします