JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!

茨城・境町の一家4人殺傷事件で26歳の無職の男に逮捕状

茨城一家4人殺傷 26歳男逮捕 襲撃用スプレー事前に購入か

出典元:YouTube

 2019年9月、茨城県境町の住宅で、夫婦2人が殺害され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、警察が殺人容疑で、埼玉県に住む26歳の無職の男の逮捕状を取ったことが捜査関係者への取材で分かりました。警察は今日にも男を逮捕する方針です。

出典:【殺人事件】茨城県境町 小林光則さん一家殺傷事件で26歳男の逮捕状 既に別の事件で逮捕されていた : まとめダネ!

高校生のときに殺人未遂事件で逮捕されたが少年院に行っていた

岡庭容疑者は、高校生だった平成23年11月、埼玉県三郷市で中学3年生の女子生徒が刃物で切りつけられて大けがをした事件と、そのおよそ2週間後、2キロ余り離れた千葉県松戸市で小学2年生の女の子が刃物で切りつけられて大けがをした事件に関与したとして逮捕され、その後、殺人未遂などの罪で起訴されました。

裁判で検察は「映画などで女性が死ぬ場面を見て性的快楽を得ていた」などと主張し、懲役5年から10年を求刑しました。

一方、弁護士は「事件はさまざまな要因が重なって起きた」として医療少年院で治療を受けながら更生させるべきだと主張しました。

裁判所は「犯行は凶悪で刑事処分を選択するほかないようにも思われるが、医療少年院で治療を行うことが再犯防止の最良の手段だ」と判断し、その後、医療少年院に送られました。

出典:茨城 境町 夫婦死亡の家族殺傷事件 埼玉県の26歳男を逮捕 | 事件 | NHKニュース

高校の時、中3と小2の女子を刃物で切りつけ逮捕、殺人未遂で起訴

検察:女性が死ぬ場面を見て性的快楽を得ていた。懲役5年から10年を求刑

弁護士&裁判所:医療少年院での治療が再犯防止の最良の手段と判断

で、↓

茨城の家族殺傷事件 26歳男を逮捕 https://t.co/8aL0EJcpxw

今回の被害者は48歳と50歳の夫婦(殺害され死亡)で、同じ家にいた中学生の長男(14)と小学生の次女(13)も重軽傷を負ってる。突然親を失い、こんな年齢で惨事を目撃するとか、本当にかわいそうすぎる。

この男は余罪で逮捕されている

三郷市火災予防条例違反の疑い 硫黄約45キロを貯蔵

フラッシュニュース

さいたま地検は、自宅で硫黄約45キロなどを貯蔵したとして、消防法違反の罪で三郷市の無職・岡庭由征容疑者(25)を起訴した。茨城県警からの情報提供を受け、埼玉県警が先月、家宅捜索を行って硫黄を発見し、三郷市火災予防条例違反の疑いで逮捕していた。
#テレ玉 #ニュース930 t.co/Aei6kpr1hA

「埼玉県警と茨城県警が、『殺人予備罪』の容疑で男の自宅に家宅捜索に入ると聞きつけたからです。直前に境町の事件に関連する捜査だとウワサになっていた。翌日、両県警は男を『三郷市火災予防条例違反』で逮捕しました。男の家から45キロの硫黄が見つかった容疑でした」(同・記者)

出典:“微罪”で続けて2度逮捕された埼玉在住「20代男」にマスコミが注目するワケ(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

埼玉県三郷市の自宅に硫黄約45キロを貯蔵し、危険物の取り扱いに関する基準に反したとして、埼玉と茨城の両県警は20日、三郷市火災予防条例違反の疑いで、同市の無職、岡庭由征容疑者(25)を逮捕した。

出典:硫黄45キロ貯蔵疑いで逮捕 25歳男、埼玉・三郷市 - 産経ニュース

公記号偽造罪 警察手帳を偽造

水戸地検は8日、警察手帳を偽造して販売したとして、公記号偽造の罪で、埼玉県三郷市鷹野4丁目、無職、岡庭由征容疑者(26)を水戸地裁に起訴した。

起訴状などによると、岡庭被告は2018年11月から19年3月22日ごろまでの間、…

出典:【茨城新聞】警察手帳偽造販売 埼玉の無職男起訴 水戸地検

 茨城県警は、埼玉県三郷市に住む20代の男を「公記号偽造罪」の疑いで再逮捕した。同罪は、警察などの役所が使用している記号を偽造する罪で、男は自宅に偽造した警察手帳を隠し持っていた容疑がかけられている。なぜ、このような“微罪”で逮捕された男にメディアが注目するのか。新聞社の事件担当記者が明かす。

出典:“微罪”で続けて2度逮捕された埼玉在住「20代男」にマスコミが注目するワケ(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース

みんなの声

岡庭由征って硫黄を45キロ所持で逮捕されてる。三郷で。これさ、公安とか外事課が関わることかと思ったけどそうじゃなかった。5chのスレ見たら2011年のある事件が出てきた。まあ警察に徹底マークされてたのだろう。これは警察の御手柄だわ。間違いなくテロやるつもりだったろうから。

この事件、裏があったようだな。こいつは改名してる。2011年から。そして、なぜマークされていたのかも週刊現代で記事出たみたいだな。茨城境町の事件だろう。俺は事件好きだから思うけど、超凶悪犯は段階を必ず踏むからな。動きがあるかもね。

岡庭由征で検索したら、第二のサカキバラと呼ばれるような事してるね。小動物を殺傷した次は女性や児童を狙った通り魔事件を起こしてる。もし境町の犯行もだとしたら、親をめった刺しの後に、中学生の長男に何故か腕と足に斬りかかったのは、加虐的な嗜好を更に味わいたかったからかなと思った。

というか埼玉県三郷市から茨城の境町ってそんなに離れた場所にないな。事件のあった場所はgoogleにも載ってくる有名な釣堀の所。しかも境町の端っこにある。三郷市から高速で守谷に抜けて北上すれば思ったより近いなこれ。
埼玉県の西部に住んでいた俺からすれば東部は魔境。

関連記事

1

コメントを投稿する

名前
本文(必須)

※コメントの番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)
※削除依頼はお問い合わせからメールでお願いいたします