JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!

中田敦彦さん、ヴィーガン生活を始め「畜産業が飢餓を生む」と主張 専門家から怒られる 動画などまとめ

農業と食料の専門家/浅川芳裕@yoshiasakawa

中田敦彦氏が拡散する「飢餓を生むのは畜産業(家畜が食べる穀物のせいで)8億2千万人が飢えて死んでいるのが現実」は完全なデマ。その人数は飢死でなく、国連FAOによる栄養不足人口(PoU)の推定値。その計算式の中で家畜はむしろ重要な栄養源。ヴィーガン本の畜産ヘイトネタを検証なく垂流し。要訂正→ https://t.co/KZQz1hzxjM

返信 リツイート

農業と食料の専門家/浅川芳裕@yoshiasakawa

反畜産ヴィーガンが拡散している、穀物が足りない飢餓説に基く「食料の安全保障」議論は1980年代に終わっており、国際社会は1990年代から「栄養の安全保障」にシフト。それは「活動的で健康的な生活を送るための食生活のニーズや嗜好を満たす十分で安全な栄養価の高い食品」(FAO)であって穀物ではない

返信 リツイート

農業と食料の専門家/浅川芳裕@yoshiasakawa

中田敦彦氏の「飢餓を生むのは畜産業」デマ訂正用に、ご本人が言及されている8億2000万人の本当の意味(推定のための計算式)を記しておきます。参考にしてください。 https://t.co/0Ys8yKovPu

返信 リツイート

中田さんは有名人に憧れてヴィーガン生活を開始

【ヴィーガン①】世界…

【ヴィーガン①】世界中のセレブやスポーツ選手が注目している完全菜食主義(Vegan)

出典元:YouTube

中田が1日1食のヴィ…

中田が1日1食のヴィーガン生活を始めた理由は?

出典元:YouTube

ユニセフHP

【2019年7月15日  ニューヨーク発】

推計8億2,000万人の人々が、2018年には十分な食料を得ることができませんでした。これは、2017年推計の8億1,100万人から上昇、そして3年連続での飢餓人口増加となります。本日、ユニセフ(国連児童基金)を含む国連5機関が発表した「世界の食料安全保障と栄養の現状」報告書最新版は、このような現状が、2030年までに飢餓をなくす(ゼロハンガー)という持続可能な開発目標(SDGs)への大きな課題となっている、と報告しています。

出典:世界の飢餓人口、8億2,000万人以上 3年連続の増加に国連5機関が警鐘

「餓死」ではなく「飢餓」と記載されています

More than 820 million people or 10.8% of people in the world today are still hungry.

出典:More than 820 million people or 10.8% of people in the world today are still hungry.

デルボン@deltsyobon

中田敦彦のYouTube大学のヴィーガンの中にある日本人は昔肉を食べてなかったは完全に間違いじゃない?
ウサギ、猪、馬、鳥をたべてたはずじゃなかったか?
https://t.co/ob575OgCY0

返信 リツイート

メカメタルメガネ@Hiroyuki69

久々に観たオリラジ中田さん、ヴィーガンになってからの痩せ方と顔色の悪さが気になるなぁ。あと歯の隙間が広がってるようにも感じるし、何かボーッとしてる時間多くなったように思う。

返信 リツイート

ハタ☆かぶラ@kaburatomako

ヴィーガンには詳しくないが、中田氏のこの説には確かに違和感…で彼が賛美するという事は…ヴィーガンって本当に素晴らしい物なんだろうか…よく分からない(-。-; https://t.co/CcRxs0STuf

返信 リツイート

モッチー コンテンツ作りとアップデート対応中@hmomochi

@yoshiasakawa 中田敦彦のYoutube大学に嘘があるとか言っても無駄で、その回参考著作が必ずあるので、その本が間違っていると指摘するべきでしょうね。
中田敦彦本人は、ヴィーガンに傾倒したようなので、それを伝えるのは当たり前かと。

返信 リツイート

レイダート@Radert

食糧問題とエネルギー問題、ちゃんと語れる人は難しさを知ってるから軽々に語らないんだよなぁ・・・ 中田敦彦氏、今回だけじゃねーぞ。しかもNHKのフェイク・バスターズ出演以降でコレだから洒落にもなってない。誰がコーディネートしてるか知らんけどデマ、フェイクニュースの発信源になってるわ。

返信 リツイート

1
  • Pinterest
  • follow us in feedly

コメントを投稿する

名前
本文(必須)

※コメントの番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)
※削除依頼はお問い合わせからメールでお願いいたします