JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!
【疑惑】テラ株式会社…

【疑惑】テラ株式会社・セネジェニックスジャパンの竹森郁氏が話題に すでに取締役を辞任

竹森氏はセネジェニックスジャパン取締役を辞任した二日後にテラに入社、3日後に退職しているそうです

更新日: 2020年12月22日

【疑惑】テラ株式会社・セネジェニックスジャパンの竹森郁氏が話題に

FRIDAYにコロナ治療研究の不履行を報道されたテラ

12日発売の「FRIDAY」2020年6月26日号は、テラが共同研究を進めているメキシコの病院に問い合わせた際、治験の責任者とされる医師は「(病院の)医療部門には存在しない」、「日本の会社による(新型コロナ感染症の)治験や新療法の話は聞いていない」との回答を得たと伝えた。

テラは13日付のリリースで、メキシコで肺疾患治癒の効果が期待される間葉系幹細胞による治療を速やかに実施し得るプログラムが制定されたとの事実を指摘。セネジェニックス・ジャパンからの情報開示で、同プログラムにおける公的な治験の承認書を確認していると説明した。

出典:テラ、コロナ治療薬開発巡る「FRIDAY」の記事に反論

融資予定金額26億のうち100万円しか振り込まれていません

そもそも、その引受資金の内10億円がセネジェニックスが先に購入した社債の未償還元本と相殺で、残りの約26億円全額が他社からの借り入れということ自体、胡散臭かったが、案の定というべきか、払い込み期日前に、期日を延期したり、資金を貸す側が今ごろになって「新型コロナ治療薬は虚偽ではないか?」と疑うなどドタバタし、変更のIRを連発し迷走した挙句、結局、12月17日のIRによればセネが振り込んだのは100万円だけというのだから呆れる他ない。

出典:<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(807)「迷走IR連発の『テラ』ーーいよいよレッドカード!?」|アクセスジャーナル

テラ株式会社HP

テラ株式会社 遊佐精一氏・平智之氏の顔画像

融資元のトレド住所がこちら

ありゃりゃ@aryarya

@aryarya トレドの住所、ここだけどあってる? https://t.co/2ZutJ1605u

返信 リツイート

経緯をまとめる人続々現る

ろうちく!@再就職先捜索㌠@rebreb01541

11/16トレドからの融資金26億円着金

割当先がトレドに融資金を返金
※貸付予定日が割当増資前日との合意があった為

払込日11/30に変更

貸付期日が前営業日11/27と確認

11/30トレドからの融資実行されない
※11/27に融資実行されなかった理由:3ヶ月治療人数の公表が行われなかった

返信 リツイート

ろうちく!@再就職先捜索㌠@rebreb01541

トレド「治療薬は存在しないのではないか?」新たな疑義が発生

11/30テラ代表がトレドに治療人数確認・公表努力すると説明

疑義が払拭、トレド振込しようとする

みずほ銀行トラブルで振込できない

速やかに振込先に振り込むと、割当先と書面で約束したとトレドからテラは聞く

返信 リツイート

ろうちく!@再就職先捜索㌠@rebreb01541

12/11テラはその約束書面の写しを確認できていない
※26億円の確保状況を確認すべく、みずほ銀行の口座の写しを求めたが、それも確認できていない

12/15変更後払込日12/16前日なので、テラは割当予定先に電話で確認

割当予定先「融資金100万円は着金した」

返信 リツイート

ろうちく!@再就職先捜索㌠@rebreb01541

テラ「残額は振り込まれるの?」
割当予定先「100万円は払い込むよ」
これしか回答してもらえていない

テラは今後の対応方針について検討

割当予定先から「再度払込期日に払込がなかったら6回社債の未償還元金残高全額の10億円は放棄する」との書面受領

返信 リツイート

ろうちく!@再就職先捜索㌠@rebreb01541

実際に債務免除されると上場廃止のおそれが出るとの指摘を東証から受けた

テラ的にはそうならないと考えていたけど、そう言われたので、割当予定先に対して債権放棄に変わり違約金の支払いを約束して欲しい旨を申し入れ

そうする旨の書面受領

……コントかな()

返信 リツイート

日村@imakebaiikabu

テラ騒動の一連の流れ

3/25 神奈川県横浜市神奈川区青木町2番地6にセネジェニックスメディカルが法人登録される(3/17)。法人登記によると後に出てくる内田建設の代表と同一人物との噂(公開情報でないため未確認)
3/25 テラ株式会社に新任の取締役として藤森徹也氏が選任

返信 リツイート

日村@imakebaiikabu

3/27 CENEGENICS JAPAN株式会社が法人登録される。株主はテラ取締役の藤森氏、またこちらも登記情報ながらセネジェニックスメディカルの取締役とされている竹森郁氏の名前がある
04/27 テラがCENEGENICS JAPAN株式会社との提携を発表。セネジェニックスジャパンはテラ株を5%程市場外取得

返信 リツイート

日村@imakebaiikabu

5/12 内田建設株式会社がテラ株の大量保有報告を提出、4/1及び5/1に市場外での取得。こちらの内田建設は偶然セネジェニックスメディカルと同じ住所の神奈川県横浜市神奈川区青木町2番地6となっている

返信 リツイート

日村@imakebaiikabu

6/12 フライデーに実際に医師が存在しない疑惑等を報じられる
6/18 テラやセネジェニックスジャパンが発足した「国際新型コロナウイルス細胞治療研究会」が何故かコロナでなく反社会的勢力から公正な市場を守る会を設立。
アドレスはtellaholder-higaishanokai、つまりテラホルダー被害者の会

返信 リツイート

日村@imakebaiikabu

7/16、17 内田建設が6/15よりコツコツ処分を開始していたことが変更報告書により判明、7/10にごっそり処分をして報告義務が消失
7/27 テラがJPXより注意喚起情報銘柄指定される。TOBや決算関係の報道以外の理由で注意喚起されるのはかなりレアである

返信 リツイート

日村@imakebaiikabu

これもう内田建設⇔セネジェニックスメディカル⇔セネジェニックスジャパンのコロナを使ってテラ吊り上げて大儲けの繋がりは濃厚でしょ
でも仮に開発できなくても全然効果なくても一応メキシコで取り組んでたらどっかリリースに嘘が無ければ咎めようがない気がする。

返信 リツイート

タコ先生@takosensei2019

【テラ劇場】

「改善報告書」と「増資」のダブルリーチ

●「改善報告書」は、明らかに不十分と東証が怒ってます。1月7日で上場廃止が濃厚

●「増資」は、トレドからの26億円が、100万円の着金。今後の対応を検討とのことだが、資金切れで上場廃止が濃厚 https://t.co/te1jYeJ50Y

返信 リツイート

セネジェニックスジャパン取締役の竹森郁氏

幹細胞を使いコロナで壊れた肺を元通りにするそうです

次に、セネジェニックスジャパンの竹森郁取締役が新型コロナウイルスに対する幹細胞の効能について講演を行った。「新型コロナウイルス感染症において、重症化を防ぎ死者を出さない治療薬の開発ができれば、単なる風邪と同じレベルとなり、世界は流行前の頃の生活を取り戻し、経済活動を再開できるようになる」と、死に至らしめることがなくなれば、新型コロナウイルス感染症に対して恐れる必要はなくなると語る。「新型コロナウイルス感染症は間質性肺炎を引き起こして死に至る。これは特発性肺炎とされ難病扱いとなっている」と、新型コロナウイルス感染症は、通常の肺炎とは異なる症状であることが、治療薬の開発を難しくしているのだと説明する。「新型コロナウイルス感染症で命を落とした人の肺には、新型コロナウイルスがいなかった。このことから、新型コロナウイルスは肺の中でサイトカインストームを引き起こし、間質性肺炎を発症させているという仮説が成り立つ」と、新型コロナウイルスが悪さをしに肺に入ってきたのだが、サイトカインストームが過剰に反応し、肺を壊してしまっているのではないかと推察する。

 「当社が注目した幹細胞は、再生医療やアンチエイジング、アトピー治療、糖尿病治療等で使用されており、幹細胞は暴走を止め、壊れた肺を修復する効果が期待できる」と、様々な治療で高い効果を発揮している幹細胞を用いることで、過剰な反応を抑え、壊れた肺を元通りにできるのではないかと説明する。「すでに、UAEの研究施設が幹細胞利用の治療を開発。この治療法で73人が回復した」と、幹細胞にいち早く着目し、実際に効果があることを証明している国もあるのだという。「ただし、UAEの研究施設で用いられた幹細胞は自家幹細胞と呼ばれ、自分の血液を培養するものとなる。これは培養に時間がかかるというデメリットがある。一方、自家幹細胞とは逆に、他人の幹細胞を用いる他家幹細胞がある。培養スピードは格段に上昇するが採取ルートに難がある。そこで当社は、臍帯由来幹細胞を用いることにした。臍の緒で培養する幹細胞のため、拒絶反応も少なく、1本の臍の緒で10万人分の治療薬の開発が可能となる」と、臍帯由来幹細胞に着目した経緯について紹介。「さらに、子宮内膜由来幹細胞にも注目した。これであれば採取が容易で、培養も短期間となる」と、子宮内膜由来幹細胞についても臨床研究を行っていく考えを示した。

 「今回、テラとの共同開発を行うことにした背景は、同社が樹状細胞がんワクチンを開発し、多くのがん患者(ステージIII、IVが多くを占める)を救ってきた会社でもある。兵隊のリンパ球に目印を教え、がんだけを正確に狙う技術を有している。こうした高い技術が、新型コロナウイルス感染症の新たな治療薬の開発に不可欠であると判断した」と、テラとの共同研究で、新型コロナウイルス感染症が流行する前の頃の生活に戻せるように、努力を重ねていくと語っていた。

出典:テラとセネジェニックスジャパン、新型コロナウイルス感染症において幹細胞治療の開発を共同で実施、臍帯由来幹細胞治療の効果をメキシコで75名の患者で実施中 | 医療最前線 | マイライフニュース

藤森氏も竹森氏もすでに辞任

1 2
  • Pinterest
  • follow us in feedly

コメントを投稿する

名前
本文(必須)

※コメントの番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)
※削除依頼はお問い合わせからメールでお願いいたします