JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!
【また無期懲役】淡路…

【また無期懲役】淡路島で5人殺害した平野達彦被告 高裁が一審の死刑を破棄し無期懲役に【裁判員裁判意味なし】

淡路島で5人殺害した平野達彦被告、高裁が一審の死刑を破棄し無期懲役になりました。

更新日: 2020年01月27日

【また死刑破棄】淡路島で5人殺害した平野達彦被告 高裁が一審の死刑を破棄し無期懲役に

 兵庫県の淡路島で2015年、男女5人をナイフで刺殺したとして殺人などの罪に問われた平野達彦被告(45)の控訴審判決で大阪高裁は27日、死刑とした一審神戸地裁の裁判員裁判判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。

出典:淡路島5人殺害、死刑破棄し二審は無期懲役(共同通信) - Yahoo!ニュース

当時の事件の情報

みんなの声

地裁での裁判員裁判で死刑が出た後、高裁で無期懲役に覆されることが多いです。
一体何のための裁判員裁判なのでしょうか。国民の声は絶対に届きません。本当に時間と労力の無駄だと思います。

静養中@seiyochu

裁判員を引き受けた人達と被害者と被害者遺族が本当にお気の毒…。
#無期懲役

返信 リツイート

😅@reikulove

「思いとどまる能力著しく減退」心神耗弱と認定 洲本5人刺殺、死刑破棄し無期懲役 (神戸新聞NEXT) - LINE NEWS https://t.co/H1cZkCbHtH #linenews
前回の裁判員裁判で死刑から無期懲役になって昼間のニュースで裁判員制度の必要性にめっちゃ討論してたのにまた坂上が

返信 リツイート

TOKYO TIME TRAVEL@SRAWRATS_2010

裁判員は苦渋の選択で死刑を求刑したのだから、専門裁判官は尊重しろよ❗
淡路島5人殺害、死刑破棄し二審は無期懲役(共同通信) https://t.co/ttp8cTmUVD

返信 リツイート

ミロクのみーたん@northbuss

#大阪高裁の裁判官 は死刑反対の人間だ。

一審の死刑判決をすべて裏返し、無期懲役にしている。
こうなれば、心神耗弱になった精神病者やもちろん麻薬中毒者は、町から排除しなければならない状態になりつつある。
加害者しか見ない裁判官だ!
余計に差別感情を煽る判決だと私は思います。

返信 リツイート

deko P@デレ7th大阪両日現地@moriprm

また心神耗弱で死刑から無期懲役になるクソ判決出とるな

返信 リツイート

Nori@nori_kurohune

また死刑が破棄されて無期懲役に変わったんか。最近こればっかやな。 司法はどうなってんねん。 どれもとんでもない凶悪事件ばっかりで死刑でも足りないレベルなのにな。

返信 リツイート

a@Pendako114514

大量殺人犯に対して無期懲役を出すクソサイコ裁判官どもは自分の家族が皆殺しにされても同じ事が言えるのか?
 同じ目にあって同じ判決が出されて判決内容が理解できるのなら大したもんや

返信 リツイート

ふかふか@TM13南2ち18b@fuca_titan

@utannge いやほんとにな〜
しかもひっくり返ってるの一回や二回じゃないしなぁ
そりゃ冷静に考えてこれは無期懲役ってのは当然あるだろうけど今回なんて5人殺してるからね…

返信 リツイート

🌝ぱぬき@panukiponpoko

淡路島5人殺害 死刑判決を破棄、無期懲役|日テレNEWS24

最近の判決はおかしい https://t.co/mRoGt1FPKs

返信 リツイート

ポコREG@pokopen7755

@sharenewsjapan1 死刑に出来ないなら無期懲役と死刑の間にエグい刑を入れるべきだな😒

返信 リツイート

まるまる🇯🇵@maru_xjzs

@Sankei_news 今後、死刑判決が想定される事件は心神耗弱を理由で無期懲役になり、死刑制度が有名無実化されて行くでしょうね。
再度精神鑑定(死刑制度反対派の医者)して貰い心神耗弱が認定されれば、事件当時の精神状態に責任能力があったとしても、判決を覆させる事ができてしまう悪しき前例になってしまった。

返信 リツイート

月見うさぎ🇯🇵@suika7122

何の罪も無い人を5人も殺害して、無期懲役、税金で面倒見て生きさせる。

日本の裁判官、裁判長に失望しかない。怒りしかない。
無能な日本の裁判官と裁判長💢💢💢

こんな日本は絶対に浄化しなければいけないと強く思います‼️‼️

日本には銃がありません‼️‼️
#日本 #裁判官 #裁判長 #狂ってる https://t.co/sQhfgxU413

返信 リツイート

1
  • Pinterest
  • follow us in feedly

コメントを投稿する

名前
本文(必須)

※コメントの番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)
※削除依頼はお問い合わせからメールでお願いいたします