詳細検索

検索対象

まとめダネ!
インテルCPUに脆弱…

インテルCPUに脆弱性 MDS・ZombieLoad パスワードなど漏洩の恐れ 各OSはアップデートを配布済み

インテルCPUに脆弱性 MDS・ZombieLoad パスワードなど漏洩の恐れ 各OSはアップデートを配布済み

更新日: 2019年05月18日

インテルCPUに脆弱性 MDS・ZombieLoad パスワードなど漏洩の恐れ 各OSはアップデートを配布済み

アメリカの大手半導体メーカーのインテルが製造し、世界中のパソコンに使われている「CPU」と呼ばれる装置に、サイバー攻撃に悪用されるおそれがある欠陥が見つかりました。

日本の専門機関は、被害が出る可能性は低いものの、ソフトを最新の状態にするなどの対策を呼びかけています。

出典:パソコン用のインテル製CPUに欠陥 サイバー攻撃のおそれ | NHKニュース

関連記事

各OSは対応済み

macOS

Appleは2011年以後に出荷されたすべてのMacとMacBookにパッチをリリースした。

同社のセキュリティーアドバイスによれば、 macOS Mojave 10.14.5が作動するすべてのデバイス向けのパッチが月曜にリリースずみだという。

出典:インテルCPUに重大バグZombieLoad発見、各社がパッチを相次いでリリース | TechCrunch Japan

Windows

OS自身のアップデートはWindowsアップデートとして本日(15日)にリリースされる予定だ。MicrosoftはZombieLoad攻撃を防ぐための方法を説明する専用ページを開設している。

出典:インテルCPUに重大バグZombieLoad発見、各社がパッチを相次いでリリース | TechCrunch Japan

Android

Googleも対策を取ったことを確認した。 同社によれば、「ほとんどのAndroidデバイスは影響を受けない」としている。ただしインテルチップ専用機に関してはチップメーカーがアップデートを発行したらインストールしておく必要がある。

出典:インテルCPUに重大バグZombieLoad発見、各社がパッチを相次いでリリース | TechCrunch Japan

Chrome OS

ChromebooksなどChrome OSデバイスの最新版はパッチ済み。次のバージョンでさらに根本的な修正が行われる。

出典:インテルCPUに重大バグZombieLoad発見、各社がパッチを相次いでリリース | TechCrunch Japan

RHEL/CentOS/Fedora

Tamás BURES@burgatshow

RHEL/CentOS/Fedora "ZombieLoad" (CVE-2019-0863) fixek kint vannak, tessék frissíteni:

microcode_ctl-2.1-47
kernel-3.10.0-957.12.2

返信 リツイート

みんなの反応

一戦40円@Hitagi0bw

インテルの今回の脆弱性ゾンビロード等は2011以降のcpuほぼ全てらしいからコアiシリーズは3桁は大丈夫だけど4桁の1xxxシリーズ、サンディーおじさん以降全滅っていうのがまた悲惨だな

うちはAMDとコアiシリーズでも3桁のクソ熱cpuだから問題なしw

pic.twitter.com/P7FOF2z2Uo

返信 リツイート

琢麻@takuma_K

またPC重たくなりそうね

インテルCPUに脆弱性、情報盗み取られる恐れも: 日本経済新聞 pic.twitter.com/eVP5MgkTn9

返信 リツイート

口耳@肉球新党@Kojikei2

昨年の頭にspectre meltdown騒ぎでてんやわんやになったインテル社がまた新たな中央処理演算装置の脆弱性を発表

この脆弱性を悪用すると、カード番号など個人情報の窃取や、サービス運用妨害攻撃が可能になる

Intel 製品の複数の脆弱性 (INTEL-SA-00213) に関する注意喚起
pic.twitter.com/P6VVQElAK1

返信 リツイート

1
  • follow us in feedly

コメントを投稿する

名前
本文(必須)

※コメントの番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)