JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!
【改善命令】患者が相…

【改善命令】患者が相次いで死亡した神戸徳洲会病院、行政指導から改善命令へ 従わなければ業務停止

患者が相次いで死亡した神戸徳洲会病院、行政指導から改善命令へ 従わなければ業務停止

更新日:

【改善命令】患者が相次いで死亡した神戸徳洲会病院、行政指導から改善命令へ 従わなければ業務停止

関係者によると、1月19日午前、90代男性が市内の福祉施設から心肺停止状態で搬送された。男性は治療後、心拍が再開して病室に移り、管を通して血圧を上昇させる薬剤を投与されたが、同日夜、薬剤が切れた直後に死亡したという。

 薬剤の残量が残り少なくなったことを知らせる警告音が鳴り、家族が職員に訴えたが、追加の薬剤が用意されていなかった。

出典:神戸徳洲会病院、薬剤の追加を怠り患者が死亡 警告音が鳴り、家族が訴えるも対応されず|社会|神戸新聞NEXT

 同病院では昨年6月、カテーテル治療や検査後などに複数の患者が死亡していたことが発覚。同市は行政指導を行ったが、その後の調査で9月、入院していた糖尿病患者が適切な治療を受けられず死亡していたことが判明した。

出典:神戸徳洲会病院、薬剤の追加を怠り患者が死亡 警告音が鳴り、家族が訴えるも対応されず|社会|神戸新聞NEXT

神戸市によると、神戸徳洲会病院に新型コロナの感染で入院していた70代の男性患者が、去年9月、糖尿病であることを見落とされ、数日間インスリンを投与されず、入院から10日後に死亡しました。

男性の主治医は院長で、亡くなる直前にカルテに記載された持病の糖尿病を見落としていたことに気づいたものの、遺族には死因を「肺炎」と説明していました。

出典:【速報】患者死亡相次ぐ神戸徳洲会病院に改善命令 糖尿病患者がインスリン投与受けられず死亡など(関西テレビ) - Yahoo!ニュース

神戸市は、その後も病院の体制の改善がみられないことから、より重い「改善命令」に踏み切りました。

改善命令は病院側に対策などを具体的に記した「改善計画書」の提出を求めるもので、定期的に立ち入り調査も行われ、命令に従わなければ業務停止などの処分の対象となります。

出典:【速報】患者死亡相次ぐ神戸徳洲会病院に改善命令 糖尿病患者がインスリン投与受けられず死亡など(関西テレビ) - Yahoo!ニュース

世間の声まとめ

1

コメントを投稿する

名前
本文(必須)

※コメントの番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)
※削除依頼はお問い合わせからメールでお願いいたします