JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!

5月14日に22歳野球部員がグラウンドで倒れ翌日死亡

岐阜県大垣市の岐阜協立大学で、硬式野球部の男子部員がランニング中に倒れ、翌日に死亡しました。大学側は救急車を呼ばず、車で病院に搬送していました。

出典:監督と学生の証言に“食い違い”も…大学の野球部員が練習中に倒れ翌日死亡 病院の到着時刻に20分の差(東海テレビ) - Yahoo!ニュース

部員は搬送後にコロナ陽性が判明。死因は「公表する立場にない」としている。

出典:岐阜協立大の野球部員、倒れ死亡 ランニング中に、救急車呼ばず(共同通信) - Yahoo!ニュース

搬送に要した時間について部員と監督で食い違い

搬送にかかった時間などについて、監督と部員で証言が食い違っていたといいます。

 監督の報告では病院に到着した時間は、男子部員が倒れてからおよそ40分後の午前11時40分ごろ。しかし、学生は「12時ごろだった」証言していて、20分の差があるといいます。

出典:監督と学生の証言に“食い違い”も…大学の野球部員が練習中に倒れ翌日死亡 病院の到着時刻に20分の差(東海テレビ) - Yahoo!ニュース

明らかに異常な様子にも関わらず救急車を呼ばなかった監督

取材に語った別の部員によると、倒れた男子部員は当時、口から泡を吹き、鼻血が出て、目の焦点が合っていなかった。部員やトレーナーが救急車を呼ぶよう進言したものの、臼井洋介監督は市内の病院に連絡するよう指示。

出典:【独自】岐阜協立大野球部員がランニング中倒れ翌日死亡 監督ら、救急呼ばず病院へ:中日新聞Web

関係者によると、14日午前、道具が片付いていないことを問題視したコーチが、主力として試合に出ているAチームの部員約30人にランニングを指示。1時間15分ほど走ったところで亡くなった4年生部員が倒れた。倒れた後、苦しさからか叫び声を上げていたという。すぐさま学生コーチやマネジャーが駆け寄り、立たせようとしたが、立つことができなかった。

 また、部員が目の焦点が合わず、熱中症のような症状も見られたため、トレーナーが水分を補給させようとした。しかし、吐き出してしまい、飲むことができなかった。急を要する状態と判断したトレーナーが救急車を呼ぶよう進言したが、監督は「自分たちで連れていったほうが早い」と応じず、学生コーチが運転する車で病院まで搬送したという。

出典:「罰」でランニング、トレーナーが救急車進言も監督応じず 岐阜協立大、関係者証言(岐阜新聞Web) - Yahoo!ニュース

監督の名前は?

私ども岐阜協立大学野球部は、東海地区大学野球連盟に所属しております。 全日本大学野球選手権および明治神宮大会出場を目指し、日夜厳しい練習に励んでおります。

専用グランド、夜間照明、室内練習場完備の恵まれた環境のもと、「感謝を形に」をチームスローガンに掲げ野球の技術はもとより、人間力の向上を目指します。 これからも、夢を実現させるための努力を惜しまず、感謝の気持ちを忘れず、部員一同精進してまいりますので、ご支援、ご声援のほど宜しくお願いいたします。

岐阜協立大学硬式野球部 監督 臼井 洋介

出典:岐阜協立大学 硬式野球部

世間の声は

殺人事件?

「取材に語った別の部員によると、倒れた男子部員は当時、口から泡を吹き、鼻血が出て、目の焦点が合っていなかった。部員やトレーナーが救急車を呼ぶよう進言が、臼井洋介監督は市内の病院に連絡するよう指示。男子部員は学生スタッフが運転し、同監督が同乗する車で病院に運ばれた。」 https://t.co/cmh29pta5Y

2022.05.27 09:03:17

臼井洋介監督は国際武道大学卒なのか。学力が全てとは言わないけど、Fラン&脳筋に指導者をさせたらダメだね。学生が壊れてしまう。

2022.05.27 04:50:29

>倒れた男子部員は当時、口から泡を吹き、鼻血が出て、目の焦点が合っていなかった
>部員やトレーナーが救急車を呼ぶよう進言したものの、臼井洋介監督は市内の病院に連絡するよう指示

もはや殺人でしょ、これ

https://t.co/o2XNoci1yD

2022.05.27 07:37:42

岐阜協立大学野球部監督には考働力が無かったわけだ

2022.05.27 08:25:29

「罰」でランニング、トレーナーが救急車進言も監督応じず 岐阜協立大(岐阜新聞Web)
野球部の男子部員(22)が練習中に倒れ、その後死亡した問題
「道具が片付いていないことを問題視したコーチが」「部員約30人にランニングを指示。1時間15分ほど」「4年生部員が倒れた」
https://t.co/6sljqKtT2m

2022.05.27 09:36:56

1

コメントを投稿する

名前
本文(必須)

※コメントの番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)
※削除依頼はお問い合わせからメールでお願いいたします