JavaScriptを有効にして閲覧して下さい。
詳細検索

検索対象

まとめダネ!
【靖国神社】イギリス…

【靖国神社】イギリスのラグビーチームが靖国神社を訪問し厳しい批判を受ける

イギリスのラグビーチーム 靖国神社を参拝

更新日: 2019年09月20日

【靖国神社】イギリスのラグビーチームが靖国神社を訪問し厳しい批判を受ける

柴🍑五郎子@shibagoroko

@yamazogaikuzo 度々すみません
こんな事になってました
大使もチーム批判し責任転嫁してるような印象
https://t.co/Bjdq3e5Udi

慰安婦、徴用工、南京、全てあちらの国の言い分が
世界で常識になってるからこそこんな流れになるのです

歴史問題が根本なんだと思います
このままでは永遠に天皇陛下は靖国参拝できない

返信 リツイート

英国軍ラグビーチームが日本で開催される大会に参加した際に靖国神社を訪問したことで厳しい批判を受けた。

出典:英国陸軍のラグビーチームが靖国神社で写真 駐日英国大使が叱責 - ライブドアニュース

英霊来世@areiraise

今日の拝殿前、イギリスから来られたというラグビーのチームの皆さんが参拝に来て下さっていました!もしやラグビーワールドカップの代表チーム? ラグビーのことは良く解っておりませんが、ご参拝ありがとうございます! まさにノーサイドの精神!さすが紳士の国! https://t.co/ArFWaTU0fC

返信 リツイート

モンキー バラク@01bestorigin

靖国参拝従兄弟の国のニューヨークタイムズに送って呉れ。朝日新聞でも良いかな。英国ラグビーチーム。 https://t.co/yPe45wuINQ

返信 リツイート

英霊来世@areiraise

イギリスからのラグビーチームということで、時期的にもしかしたらと思っただけで代表チームの方なのかどうかは確定ではありません…。
というか日本代表の皆さまも是非!(心の声)

返信 リツイート

IX@Alterd_IX

@areiraise @9Amr8jdrHGCCCPB 八百万の神々のご加護があらんことを👍️

返信 リツイート

電撃桜@dengekisakura11

@areiraise @244LOVE5103 戦争では対米戦に劣らず血みどろの戦いを繰り広げた日英。捕虜の英国兵は苛酷な収容所生活を送ったが、彼らの子孫は靖国に来てくれた。時は傷を癒すというが、そうなのかも。感謝しかない。一方では、百年経ってもウソをついて日本に謝罪と金銭を要求する隣人もいる。「遠交近攻」は今もその通りだ。

返信 リツイート

クーリエ・ジャポン@CourrierJapon

英「フィナンシャル・タイムズ」紙に登場した小泉純一郎元首相。原発問題からイラク侵攻、靖国参拝、女性天皇問題、そしてポップカルチャーまでを小泉節で語り尽くし、英紙記者をたじたじとさせる。https://t.co/SARzN6jRMJ

返信 リツイート

うさぎ@marine_rabbit

@areiraise @onoderamasaru まさにノーサイドの精神だね。彼らの必勝祈願にもなったんじゃないかな。靖國を含め、神社は万人万物にとって公平な存在であってほしいね。

返信 リツイート

ain26@ain26i

@areiraise 日本は英国王室の統治領だそうなのでr(^^;)

返信 リツイート

58chan@58chan3

@areiraise 素晴らしい‼️
嬉しい(*゚∀゚人゚∀゚*)♪

返信 リツイート

安里次郎@Henri_jirou

@areiraise @shounantk なぜ戦争が悲劇か?争う国と国、その中で最も立派な勤めを果たす人たちが、お互いにたくさん死んでしまうからだ。その苦しみ、悲しみを悼むに国境はありません。彼らに敬意と感謝、そしてエールを。

返信 リツイート

おおはし@じゃぱん@ohhashi_japan

@areiraise @RTX2080111 参拝してくださり、ありがとうございます。

4月以降参拝してない自分が言うのもナンですが…。

返信 リツイート

akira HOSHI@mot33

靖国には敵味方分け隔てなく祀られているので、戦死英兵士も祀られています。英首相が来日することがあれば、安倍首相と二人で参拝して頂きたい。#オールブラックス #ラグビー #イギリス #英国 #靖国 #靖国神社 https://t.co/vJTDWXcRyB

返信 リツイート

jjsaojj@chacha12213086

@areiraise @murrhauser どの国も決して歴史を忘れた訳じゃない。どの国にも人にも過去はある…
だからこそ
過去の教訓を生かし 未来に向いて 行くだけ…“憎しみ 悲しみ 捏造”の過去ばかりを説いて今を未来を生きない…これから担う子供達に果たして 希望の未来が訪れるのか…若い諸君 歴史の奴隷になるな…World Peace…

返信 リツイート

Okagaki_Tsutomu@oktom

@areiraise @arimoto_kaori ラグビーワールドカップも大きな親善試合と言う事ですね。

返信 リツイート

お散歩ワンちゃん@UX34pLv8tIFtDjq

古くは日英同盟でイギリスのおかげで日露戦争に勝ち、先の戦争では悲しかな鬼畜米英の下、日本は負けました。しかし全ての史実を受け止め、イギリス王室の来日や天皇がイギリスに留学するがごとく日本とイギリスはこれからも友人でありたいですね。靖国に参拝下さってありがとうございました。拝 https://t.co/iQG1lceAtP

返信 リツイート

松尾 遼@Ryo_KabukiHunte

なんか一貫性がないよね!
靖国に来ればサンキューサンキュー!
かと思えば、我々は鬼畜米英からアジアを救った!イギリス軍は収容所で捕虜に惨虐な行為を行ったのに!
とかさぁー!
まぁ、人間だからブレちゃうよねー!

#靖国参拝
#靖国神社
#鬼畜米英
#イギリス
#紳士の国 https://t.co/vhFUI0El6F

返信 リツイート

ビルケランドⅡ世@Birkeland2nd

海洋民族の日本人と英国人とはうまくやれるが、大陸民族の中国人と韓国朝鮮人とはうまくやれないのだと思う。
氷河期襲来に際して、生き残るために、
海洋連邦 = 新大英連邦+新日英同盟+新日米同盟
が見えて来たようだ。
靖国の御霊を愚弄する大陸民族は勝手に生きて勝手に死ねばよいのだ! https://t.co/4gmjEY0hgX

返信 リツイート

Hiro@MetalicAir

@areiraise @murrhauser 英軍兵士によるラグビーチームのようですね
かつての敵が参拝された事に感動です。

まあ、歴史全体で見れば、英国とは敵よりも友好国だった時期の方が永いんだしね。(米も同様)

返信 リツイート

ii@ii316768721

영국 럭비 팀이 야스쿠니 신사를 참배.
세계대전 적국 인 영국 사람도 戦没 사람에 게 존경을 표 한다. 대한민국 남자와 인간 수준이 다르다.
英ラグビーチームが靖国を参拝。大戦時敵国だったイギリス人も戦没者に敬意を表する。有難う、イギリスの皆さん。
馬鹿な韓国人にも見習ってほしい。#일본 https://t.co/FFgk2Fc93V

返信 リツイート

asakusa tony@TonyAsakusa

大英帝国の軍人が、靖国が如何なるところか、知らないはずが無い。まして、宗教の壁を越えて。
可能性でなく、取材の上で報道すべき、デリケートな事だ。
捏造、虚報、誤報の報道に、心痛まないのか・・・ https://t.co/YMyOKRe2uR

返信 リツイート

Christopher T@Aki_f612sc

【ちゃんと調べてから言おう】

靖国参拝の英ラグビーチームに対し韓国「戦犯の位牌が保管されている事実を知らないまま観光地と誤解した可能性」

神社に位牌はない。イチャモンつけるのなら、ぐうの音も出ないくらい理論武装しろよ(笑)
https://t.co/ImzUjPstPt

返信 リツイート

chacha555@chacha5559

日本の終戦後、三笠は朽ち果て
見捨てられていたそうです。
英国はそこまで日本人は誇りを
捨てることはない👿
ロシア艦隊を打ち破った三笠を
リスペクトするのは日本人として
当然だ🙀
と励まされ、
現在の三笠があるそうです

英国とはそんな国
靖国での記念写真は当然でしょう👻
日英同盟万歳👻🌿 https://t.co/3sxUi37Iww

返信 リツイート

令和研究会【旧m1104】再開@M1104Miyaza

WWⅠ後、ドイツには多額の賠償金が課され国民は貧困した。WWⅡ戦勝国の英米は賠償金を課さなかったが平和に対する罪、事後法で敗戦国首脳を殺す。金銭賠償の近代的解決法から暴力的な復讐リンチに逆行した。東京裁判は

英国軍ラグビーチーム靖国参拝 https://t.co/SoSNw5wV1h @Sankei_newsさんから

返信 リツイート

takechan@takecha16455339

@areiraise これ日本の某団体から「靖国神社に行きなさいね」と言われたんじゃないかな。
ラグビーチームは英国大使館から注意されたらしいけど。

返信 リツイート

1 2
  • follow us in feedly

コメントを投稿する

名前
本文(必須)

※コメントの番号の前に「>>」をつけると、そのコメントに返信できます(例:>>1)